日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

金子満広さん

 千駄木・向丘地域の党後援会のみなさんと一緒に新春のつどいを開催しました。毎年開催しているつどいです。写真は折り紙のウサギをつけた箸袋です。手作りのつどいを開催してくださった皆さん、ありがとうございました。
 地域の要求も寄せられました。小竹事務所がある17号線沿いの自転車専用レーンのことです。地球温暖化対策としても、自転車は今後もっと利用を促進する必要がありますし、区民アンケートにも自転車専用レーンや歩道の安全確保を望む声が寄せられています。会場からは「本格的な自転車専用レーンを」「自動車中心の道路から歩行者や緑地帯を重視した道路づくりを」という要望が出されました。私もよく使う道路ですし、都議選のとき自転車専用レーンの整備を公約に掲げた小竹前都議と一緒に山手通りの自転車専用レーンを見学に行ったこともあります。自転車専用レーンと言っても様々なタイプのレーンあるため、現状に即した改善策が必要です。
 つどいには金子満広元衆院議員や小竹ひろ子前都議も参加してくださいました。金子満広さんは「足で歩いて顔見て対話」と数々の選挙を戦い抜いてきた思いを胸に激励してくれました。
 金子満広さんが1993年の総選挙で旧東京8区(文京・台東・中央)から立候補された際、私は初めて青年学生後援会で選挙の活動に参加しました。ハンドマイク宣伝や駅頭宣伝、チラシやしんぶん赤旗日曜版の全戸配布などの活動に取り組んだことは今でも鮮明に覚えています。そのときは414票差での惜敗で大変悔しい思いをしました。その後、仲間の呼びかけもあって日本共産党に入党しました。入党のきっかけとなった方に今度は区議選候補者として激励して頂くということで原点を思い出す一日となりました。
b0207693_21455472.jpg

[PR]
by terukaneko | 2011-02-06 21:48 | Comments(0)
<< 汐見、根津 共同印刷門前での宣伝 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧