日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

東大前駅

 水曜日は東大前駅で朝の宣伝をしています。毎回ビラをとってくれるA君も元気に登校してゆきました。高校生は試験シーズン直前だからでしょうか。片手に英文を持って真剣な顔つきで読みこみながら地下鉄の出口から出てくる高校生が何人もいました。宣伝が終わって、帰ろうとすると、英訳「ドラえもん」が歩道に落ちていました。誰かの落し物ではないでしょうか?歩道脇の植え込みのところに立てかけて置きました。持ち主が見かけるといいのですが。
 先日、ご主人が、区内の特養ホームに入れず、他区の民間有料ホームに入所されている方からお話を伺う機会がありました。月額35万円ほどの費用がかかるそうです。調べてみると介護保険を利用する以外の費用がそれくらいかかるとのことで、この先払い続けられるか大変心配されているのです。手には区内の特養ホームの入所申し込み書が握り締められています。そして、特養ホームを作って欲しいと訴えられました。こうした方々のために区が持っている518億円基金は使うべきです。基金の一部を使えばこうした施設建設は可能です。
[PR]
by terukaneko | 2011-01-26 14:26 | Comments(0)
<< 宣伝カーをリニューアル 再び根津駅 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧