日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

はしご

 夜、2つの新年会をはしごしました。日本共産党は政策への理解や支持を広げるのが仕事であることは間違いありませんが、それと同時に、それぞれの党員が生活している地域・職場・学校などでのお付き合いも大事にしています。飲み会なども嫌いではありませんし、会社員時代は残業後の「終電までの1時間限定飲み会」なんかもよくやっていました。日ごろ業務に忙殺されるだけの関係では何事もうまく行きません。そんな付き合いをしていた方たちとは今でもときどき連絡を取り合ったりしています。1つ目の新年会ではカラオケもあり、私も1曲披露…大学生の頃、1年先輩で卒業は同期のMさんがしょっちゅう歌っていて、耳について離れない曲を選択! 
 2つの新年会が終わって帰宅しようとすると、大学時代の先輩Tさんとばったり再会。東洋大の1年先輩でしたが卒業は同期。三軒目の新年会に行こうかと思いましたが時間も遅く今回は断念しました。
 このシーズンは私もいくつかの新年会にお邪魔してきました。会社員時代も共産党の仕事をするようになっても、どちらかというとこれまではこうした「会」を準備するのが私の仕事でした。ところが、今年からは立場が逆転しています。地域で様々な活動をしているAさんから、こうした季節の会にどのように参加したらよいのか「アドバイス」を貰いました。まだ「アドバイス」どおりとまではいきませんが、すごく役立っています。ありがとうございました。
[PR]
by terukaneko | 2011-01-22 10:25 | Comments(0)
<< 約束が違うんじゃない~根津駅で 公園で >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧