日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

しんぶん赤旗の集金へ

 日本共産党は企業からも、団体からも献金を受けずに支持してくださるみなさんの個人のカンパで活動を行っています。だからこそ、国民の視点で願い実現に全力を尽くすことができます。日本共産党が発行している「しんぶん赤旗」は私たちの活動を支え、政策や主張を皆さんにお届けする重要な活動の柱なのです。夕方から「しんぶん赤旗」を購読していただいているみなさんのところに、今年最後の集金に伺いました。あるお宅で、年末のご挨拶をしながら「今日は冷え込んだ一日でしたね…」と話したら「今年は猛暑だったけど、最近の天候不順で農業のことが心配ね…農家を継ぐ人も少なくてね。」とちょっとした対話になりました。民主党政権がTPP協定を推進していますが、既に日本の農産物の関税は低く、農水省も食料自給率が40%から13%に低下すると指摘しています。
日本の農業と食料自給を確立するためにも、政治の転換が必要です。そんな話をしながら、私の担当の半分くらいのお宅を回ることができました。帰り道、よく考えてみると、農業のことが話題になったお宅の近くでTPP協定のことを何度か街宣したことを思い出しました。それを聞いていてくれたのでしょうか?
 写真は千駄木三丁目の「平和地蔵」。1945年の空襲の際、銭湯や石炭貯蔵庫が爆撃され子どもたちが犠牲になったそうです。二度とこうした悲劇を繰り返すまいと、地域の方々が地蔵尊が建立されたそうです。あわただしい一日でしたが、平和と戦争のことを深く考える一時を与えてくれました。
b0207693_22465718.jpg

[PR]
by terukaneko | 2010-12-19 22:47 | Comments(0)
<< ミニパンフができました。 ねばりづよく議会の論戦に取り組む党 >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧