日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

ねばりづよく議会の論戦に取り組む党

 後援会のみなさんと一緒に街頭宣伝を行いました。陽射しのあるところでマイクを握っているととても暖かい日でしたね。
 今日は、真っ先に昨日の菅首相の沖縄訪問について訴えました。知事選では現職の知事も世論に押されて、「県外へ移設」を主張し当選したのです。そこへ、「県内移設」をと説得に行った首相。県民の願いよりアメリカとの合意が大事ということでしょうか。いったいどこの国の首相なのでしょうか。「政権交代したけれど、これじゃ今までの自民・公明政権とかわらないじゃない」という声も聞かれます。日本共産党は沖縄からも、本土からも基地を無くすために運動をすすめてゆきます。国民の願いを実現できる政治への転換の年にしてゆきましょう~といったお話を街頭から訴えさせていただきました。
 願い実現と言う点では、文京区議団の論戦が大きな成果も勝ち取っています。75歳以上の方で介護認定などを受けていない方を対象に、健康状態や安否確認を区が行うことが決まったのです。今年の猛暑を受けて、日本共産党文京区議団が2回の議会を通じて「見守り」体制の確立を求め、最初は消極的だった区を変えさせ、実現に至ったものです。日本共産党は願い実現のために、ねばりづよく議会論戦に取り組む党です。私もこの質疑の一部を傍聴していたので、喜びもひとしお。
 午後は、地域の皆さんの望年会に出席。今年一年を振返りつつ、地域の様々な要求などについて相談しました。いい相談ができました!
[PR]
by terukaneko | 2010-12-18 20:01 | Comments(0)
<< しんぶん赤旗の集金へ 寒さ本格化! >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(文教委員会、地域振興調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と8歳の娘、3歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧