日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

学校は生活の場

 昨日は文京区議会の代表質問を傍聴しました。日本共産党の関川けさ子議員が質問に立ち、学校の雨漏りや老朽化したトイレの改修、などについて質問しました。文京区には今年度末までに520億円に達する積立金がありそのうち何にでも使える225億円の一部を使えば、こうした学校施設の改修は可能です。
 小中学校は義務教育ですから、どの子どもにも平等な教育環境を整備するのは自治体の最低限の責任で実行すべきです。私も根津小や千駄木小などで天井や壁から雨水が染み出ている箇所を見てきました。学校は子ども達が毎日過ごす生活の場です。7~9時間くらいを過ごすわけですから、気持ちよく過ごせるよう、きちっとメンテナンスし改修の手を一気に打つことが必要です。
 こうしたことを今日も駅頭で訴えてきたところです。
[PR]
by terukaneko | 2010-11-26 10:36 | Comments(0)
<< 新しい沖縄へ カキコミ >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧