日本共産党 金子てるよし  ねこのあしあと

最近の「わかもの」…

 「あの~今日入ります」と、話し始めたAさん…7月の参院選で出会った大学生が日本共産党に入党してくれました。地方から上京し学んでいるAさんは、学費を自ら稼ぎながら学んでいます。区内で日本共産党の街頭演説を聞き、高い学費や就職難で大変な状況にある自分達の状況から考えて、今年の参院選で初めて日本共産党に投票してくれたそうです。
 私はAさんに出会って、経済的に苦労してきた生い立ちや大学生活の状況を聞き「ぜひ日本共産党に入って政治や社会を変える生き方をしましょう」と呼びかけていました。「入党はきちんと勉強してから」 と話していたAさんは、国会などでの日本共産党のこの間の活動を見て、自ら入党を申し出てくれました。入党を呼びかけていた1人として本当にうれしいことです。
 今、マルクスへの関心が高まっていることをはじめ、社会や政治の「あり方」に関心が高まっています。若い世代が社会に出ようとするときに、あまりに大変な状況が広がっていることと関連があるという分析もされています。マイケル・サンデル氏の「これからの正義の話をしよう」が売れ、東大での講演にも学生がたくさん参加し成功したそうです。(東大での講義はNHKでも放映されていましたね)格差と貧困を生み出した「新自由主義」への疑問・批判が底流に渦巻く中、若者が「正義」を探求している…そんな気がします。
b0207693_2054180.jpg
 
[PR]
by terukaneko | 2010-10-31 20:07 | Comments(0)
<< 赤旗まつり まるくす >>



日本共産党文京地区委員会 青年 雇用 子育て相談室長 金子輝慶のブログ
プロフィール
◎1973年9月26日 練馬区生まれ。2015年4月 文京区議選で2期目当選(建設委員会、自治制度調査特別委員会、子ども子育て調査特別委員会)。
◎根津・千駄木・弥生・向丘・白山の地域で活動しています。(千駄木1.2.5丁目、3丁目1~48 白山1丁目25~26、33~37)
◎96年東洋大学法学部卒業後、文京区内の建築設計事務所・総務部勤務。04年に発生した中越地震直後に党文京地区委員会が呼びかけた救援ボランティアに参加し、震度7を記録した新潟・川口町などで救援活動に取り組む。05年から党文京地区委員会勤務。
◎家族は妻と7歳の娘、2歳の息子。
◎メールkaneko★jcp-bunkyokugidan.gr.jp
★は@にしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧